競争的資金等の不正防止に関する基本方針

hanyo_top.jpg

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成27年21月文科科学大臣決定、平成29年2月改正/以下、「ガイドライン」という。)に基づいて、株式会社ウィット(以下、「当社」という。)における競争的資金等の運営・管理に関する基本方針を以下に定め、不使用の防止に努めてまいります。

責任体系の明確化

競争的資金等の運営・管理を適正に行うために責任者を以下の通りに定めます。

(1)最高管理責任者

法人全体を統括し、競争的資金等の取扱いについて最終責任を負う者として、株式会社 ウィット 代表取締役社長 がその任にあたります。

(2)統括管理責任者

最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の取扱いについて法人全体を統括します。実質的な責任と権限を持つ者として、あすけん事業部 執行役員 がその任にあたります。

(3)コンプライアンス推進責任者

競争的資金等の適正な取扱いに関する対策の実施について実質的な責任と権限を持つ者として あすけん事業部 医療部門責任者 がその任にあたります。

コンプライアンス推進責任者は研究倫理教育責任者も兼任します。

ルールの明確化・統一化

(1)競争的資金等の運営・管理に関する構成員(研究者、事務担当者、管理者等)とその権利制限および職務を明確に規定し、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」に沿って運営を行います。

(2)統括管理責任者は、競争的資金等に関する統一的な研究費の使用ルールを定義し、競争的資金等の運営・管理に関する構成員に対してこれを周知します。

(3)競争的資金等の運営・管理に関する構成員は、研究費の使用ルールに応じて事務処理を行います。

関係者の意識向上

コンプライアンス推進責任者は、競争的資金等の運営・管理に関する構成員に対して、競争的資金等の受領・使用にあたってのルールや、当社の事務処理ルール、不正防止の仕組み等をコンプライアンス教育で周知します。

不正防止計画の策定と実施

統括管理責任者は、競争的資金等の不正使用を未然に防止するために不正防止計画を策定し実施します。

告示等の取扱い、調査および処分に関する規定

(1)競争的資金等の不正行為に関する告発及び相談を社外から受ける窓口を設け、当社ホームページで公表します。

(2) 万一、競争的資金等のインシデントが発生した場合、当該者に厳正な処分を行うと共に、不正使用を行った原因究明を行い、再発医防止に向けた予防及び維持改善に努めます。また不正な取引に関与した取引企業に対しては取引停止等の措置を行います。

(3)告発窓口の運用や調査の実施等においては、告発者、被告発者を保護する方策を講じます。

(4)配分機関等から要求があるときは、当該配分機関等が配分する競争的資金等について、当該競争的資金等の不正使用に関与する調査に関する資料を提出、または閲覧及び現地調査に応じます。ただし、調査委員会における調査に支障がある場合その他正当な理由がある場合はこの限りではありません。

モニタリング

統括管理責任者は、競争的資金等を適正に執行するために、発注・検収・支払等の実施状況および会計書類の確認や物品の監査等の必要な対策を行います。

競争的資金等の使用に関するルール等に関する問い合わせ窓口

競争的資金等の使用に関するルール等について、当社内外からの問い合わせを受ける窓口は以下の通りです。

株式会社ウィット 競争的資金等の運営に関する相談窓口

〒163-1408 東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペレーションタワー8F

TEL 03-3379-1213 FAX 03-3376-8060 

メール asken-info@greenhouse.co.jp

制定:2019年3月1日

株式会社ウィット 代表取締役社長 中島 洋